イチ押しアイテム

【CHOETECH】Apple Watch対応モバイルバッテリーレビュー。iPhoneとの同時充電が可能で便利!

apple watchユーザーの方、早速ですがモバイルバッテリーをもっていますか?

先日私はapple watchに対応したモバイルバッテリーを購入しました。

結論からすると、胸を張ってオススメできます。

なぜなら、apple watchの2つのデメリットである稼働時間の短さとモバイルバッテリーのかさばりの問題を1つのアイテムで解決することができるからです。

旅行するときや日頃持ち歩いている常備用のモバイルバッテリーを確実に減らすことができます。

まだapple watch対応のモバイルバッテリーを持っていない方、これからapple watchを買おうと考えている方の参考になれば幸いです。

 

CHOETECHを選んだ理由

 

CHOETETH

今回私が購入したのはCHOETECHというブランドのモバイルバッテリーです。

楽天やアマゾンを眺めていると数多くのappale watch対応モバイルバッテリーが出てきます。

その中で私が考えたモバイルバッテリー選びのポイントは3つでした。

ここは譲れない

・appleの認証が付いているか

・予算に収まっているか

・単独のバッテリーではなく併用バッテリーか

 
優先順位をつけるとすれば、apple認証と併用バッテリーの2つ条件が予算よりも大切でした。

apple watchもiphoneも高いですからね。

apple認証とは

「apple MFI」といい、appleが設けた認証プログラムに合格した製品のみが獲得できる証です

製品としては高くなりがちですが、高機能・高性能な製品が多く、確実な動作と安全性の判断材料となります。

※MFI=made for iphone

 

併用バッテリーとは

apple watch専用の単独バッテリーではなく、1台でスマホと両方充電できるもの。

 
apple watchのモバイルバッテリーはapple watch専用のモバイルバッテリーが多く、スマホと1つにまとめられるものは少ないです。

そして、単独バッテリーは3000円以下で購入できるものもありますが、先ほどのMFI認証を取っていない製品が多いです。

検索すると製品は2つしか残りませんでした。
 

1 CHOETECH Apple Watch 充電器 T315

 
私の条件を満たし、必要な機能だけを備えたシンプル製品です。

見た目も黒でかっこいいです。

CHOETECHのモバイルバッテリーですが、充電スタンドを使用することにより置時計のような使いかたをすることもできます。

※私は購入してからは普通にUSB充電をしていて、スタンドはつかっていません。

CHOETECHのモバイルバッテリーの性能はこちらになります。

性能

容量 5000mAh

apple watch 6回充電可

iphone 1.5~2回充電可

出力 2.1A

同時充電可能

 
コンパクトで必要な機能を集結させている印象をうけます。

これまで私は10000mAhのバッテリーを仕事などに持ち歩いていましたが、この製品は半分の5000mAhです。

容量は半分となってしまいますが、最近はスマホのバッテリーの性能が向上していることや、充電できる飲食店や施設が増えているので思い切って5000mAhにすることにしました。

コンパクトな見た目ですが、出力もあり、iphoneやipadと同時充電も問題ありません。
CHOETECH

次に紹介するのが最高性能をもつバッテリーです。
 

2 BELKIN Valet Charger Power Pack

 

こちらは現状最も性能が良いapple watch用モバイルバッテリーです。

MFI認証もしっかり取得しています。

性能

容量 6700mAh

apple watch 8回充電可

iphone 3回充電可

出力 2.0A

同時充電可能

 
しかし、価格が高くなるので、今回はCHOETECHのモバイルバッテリーにしました。

その他にもモバイルバッテリーはあるのですが、スマホと同時充電できるのはこの2種類のみとなります。

Apple Watchのモバイルバッテリーは数が少ないことがデメリットの1つとなり、製品が少ないことが特徴です。

 

CHOETECH充電器のメリット

 
ここからはメリットを紹介していきます。

是非、このアイテムを手に入れたつもりで読んでみてください。
 

荷物が減る

 

apple watchを購入した際のコード充電器は、コードが長くてかさばっていました。

通常はapple watchのコードは持ち歩きませんが、お泊りに行くときなどは持ち歩くしかありません。

モバイルバッテリーを買ってからは、コードはapple watchの箱に封印しました。

モバイルバッテリーのおかげでが今までより荷物がコンパクトになり、荷物を減らすことができました。
 

認証品

 
apple認証品なので本体が更新されたり、新しいapple watchとなった際にも安心して使用することができます。

充電による製品の負荷も非認証製品に比べて少ないことが予測できます。

apple認証品ではない製品でも問題はないのかもしれません。

しかし、apple製品は高価ですし、長く使っていきたいアイテムのはずです。

見た目をきれいに保つことだけではなく、中身も大切にしていきたいです。

 

デメリット

 
ここからはデメリットと「○○だったらさらにと良かった」という感想の紹介となります。

apple watchの製品の中では間違いなく良い製品の1つですが、参考にしてみてください。
 

高い

 
まずなんといっても高い。

スマホ用モバイルバッテリーの相場は3000~5000円未満だと思います。

CHOETECHのモバイルバッテリーは楽天市場では7900円と高く、モバイルバッテリーとしては高いですね。

apple watchとiphoneを同時充電することができることなど強みはありますがとても勇気がいる価格だと感じる方も多いのではないでしょうか?
 

価格を抑えたい方向け

 
MFI認証を取得しているので高いですが、こちらの充電器は価格を少し抑えることができます。

※apple watch専用バッテリー

 

ライトニングケーブル

 
給電はこちらのUSBタイプBと呼ばれる形状です。

CHOETECH

apple watchはiphoneと同期させてつかうので身の回りがapple製品で統一させている方も多いと思います。

ライトニングケーブルで充電することができればコードも1本減らすことができました。
(ライトニングケーブルのバッテリーは探したところありませんでした。)
 

表面が固い

 
製品の材質にゴムは含まれてなく、プラスチックです。

印字も薄いので長く使うと傷が目立ったり印字が見えなくなってくると思います。
 
 
デメリットと感じるのはこの2つぐらいで本当に良いバッテリーだと思います。

CHOETECH Apple Watch 充電器は価格・デメリット以上に生活のクオリティーを上げることができるので本当にオススメです。
 

まとめ

 
CHOETECH
今回はapple watch対応のモバイルバッテリーでCHOETECHモバイルバッテリーを紹介させていただきました。

デメリットもいくつかありましたが、性能は間違有りませんし、確実に手荷物をへらすことができるようになります。

apple認証製品なのでapple製品への負荷は最小限で充電可能です。

apple watchを身に着けていると2日間充電はもたない方がほとんどだと思います。

旅先への必需品・充電し忘れて外出する際の常備品として是非使ってみてください。

価格はその分高くなっておりますが、必ず価値を見出してくれるアイテムです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です