イチ押しアイテム

【holdit AirPods Proケース】北欧発のシンプルでおしゃれなケースをレビュー!

ゴー
ゴー
こんにちは!シンプルな見た目のガジェットが好きなゴー(@kenkoryman)です!

AirPods Proを購入してから約1年が経過し、少しづつケースに傷が。

airpods pro キズ対策

 

バッグの中で少しづつ擦れたり、手から地面に落としたりしながらもケースをしないまま使ってきました。

そしてまた落とす。

ゴー
ゴー
そろそろケース買わないとなー。

 

AirPodsの購入からすでに1年が経過していましたがシリコンケースを購入することにしました。

本体をキズから守りシンプルな見た目のケースが欲しくて探していたらholditというブランドのケースを発見。

 

買っみたらとても良かったので記事にします。

結論、「なぜ本体と一緒に購入しなかったのだろう。」と今では後悔しています。

シンプルなデザインで機能性もバッチリ。

傷からも守ってくれるのでオススメです。

holditのここが良かった

・ シンプルで主張しないロゴ

・ 薄さ0.8㎜でワイヤレス充電可能

・ 滑りにくいので落としにくい

ゴー
ゴー
まだAirPods Proのケースがきれいな方、これ以上傷つけたくない方、是非ケースを検討してみてください。

 

北欧発のブランド holdit

 

holditというブランドは2004年にスウェーデンで誕生しました。

トレンドを作り魅力的なスマートフォンアクセサリーを提案するこいうコンセプトのもと、ファッショナブルで使いやすさを追求した製品を世に送り続けているブランドです。

AirPods Proのケースだけではなく、iPhoneなどのカバーも販売しています。

AirPodsとiPhoneの色を揃えることができます。

holdit AirPods Pro シリコンケース
created by Rinker

holdit iphone シリコンケース
created by Rinker

 

シンプルで色もそろっていて絶対に恥ずかしくならないデザインです。

ゴー
ゴー
オシャレだけど私は手帳型ケースだから。。。

ありました。

holdit iphone 手帳型シリコンケース
created by Rinker

 

ロゴのデザインは通常のiPhoneケースとは違うみたいです。

ゴー
ゴー
今回、私はAirPods Proのケースしか購入していませんが今後スマホケースの検討余地も十分にありです。

 

holdit AirPods Proのメリット

 

ここからは実際に使ってみて感じたメリットを紹介します。

 

シンプルで主張しないロゴ

 

holditケース

 

パッケージを開けてみるとブラックのケース登場。

ご覧の通り光を当てても反射しないマットブラックです。

指紋も使っていて全然つきません。

holditのロゴは写真からは見えないぐらいかなり控え目な感じ。

ゴー
ゴー
ケースは1番人気の色、トーブ(taupre)が特にオシャレ。今買うならトーブを選びます。

 

holdit AirPods Pro シリコンケース
created by Rinker

 

はめてみるとこんな感じ。

holdit airpods pro

 

ライトの部分だけ内部シリコンが薄くなっていて透けました。

holdit デメリット

 

外側のシリコンが平らだったので外観で気が付きませんでしたがメーカーの工夫が見て取れますね。

フタを占めたらピッタリ。

holdit ケース

 

背面にはちょっと隙間がありますが都度指で寄せれば埋めることができます。

holdit ワイヤレス充電

 

ただ、この隙間は気になる人もいるかもしれません。

 

ワイヤレス充電可能

 

holditのケースは薄さが0.8㎜しかありません。

holdit 薄い

 

ケースにはめたままワイヤレス充電機を使っているのでうれしい性能です。

穴とケースがピッタリでコード充電も問題無し。

holdit シリコンケース

 

滑りにくい

 

シリコンケース共通ですがやっぱり滑りにくい。

バッグから出した時に落とす回数は確実に減りそうです。

落とさなければ傷はつきにくいし、バックの中での擦り傷もだいぶ軽減されそう。

買い替える際のリセールバリューにもつながります。

ゴー
ゴー

なぜもっと早く買わなかったのだろうか。。。

 

 

holdit AirPods Proケースのデメリット

 

シリコンケース共通のデメリットとなりますが紹介します。

 

ちょっと高い

 

楽天市場やAmazonでは同じようなシリコンケースで1000円台のケースもたくさんあり、ダイソーにもラインナップされています。

今回私が購入したときの価格は2,398円(税込)。

オシャレなロゴのデザインやライトが光ること、薄さなどメリットもありますが「傷つかなければいい」というのが第一優先であれば安いのでも目的達成できます。

 

ほこりがつく

 

シリコンケース ホコリ

 

シリコンケース永遠の課題は綿毛などのホコリ。

私は汚れが目立ってきたら外してお風呂で洗います。

しっかりと拭き取れば水垢やホコリはつきません。

ちなみに1番人気のトープは汚れも目立ちにくそう。

holdit AirPods Pro シリコンケース
created by Rinker

 

ゴー
ゴー
値段とホコリのデメリットもありますがデザイン性や機能を邪魔しない薄さ、傷から守ってくれることを考えればメリットの方が多いと感じました!

 

カバーを外すとき

 

holdit オシャレ

 

シリコンケースは滑りにくいので外すときは充電コードで押し出してあげるとスムーズです。

 

まとめ holdit AirPods Proケースはオシャレで機能性も十分でオススメ!

 

holditのAirPods Proケースはシンプルでオシャレなデザイン。

それでもって本体をキズから守り機能性もバッチリ。

AirPodsのケースとして後悔しない1品です。

こんな人にオススメ

・ 傷つけたくない

・ シンプルでダサくないのがいい

・ 機能性は落としたくない

 

学生から大人まで男女問わず使えるアイテムですので是非検討してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

holdit AirPods Pro シリコンケース
created by Rinker

holdit iphone シリコンケース
created by Rinker

https://kenkoryman.com/artizon-museum

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です