メルカリ

【メルカリ必需品】梱包サイズは大切!100円ショップで買うべき2アイテムを紹介!

こんにちは。ゴーと申します。

今回はメルカリ必需品として100円ショップで買うことができる2つのアイテムの紹介です。

メルカリでは少しでも高く商品を売りたいと誰しもが思います。

高く売るためにこれらのような様々な努力をされている方も多いはずです。

商品を高く売るためには

・商品説明をわかりやすく

・発送までの時間を早く

・写真をきれいに撮る

・プロフィールをよりよくする

そんな方でも意外と気が回らないのが、送料です。

今回は100円ショップで200円投資することによって手に入る「封筒測り定規」と「測定メジャー」を紹介します。

商品を高く売ることだけでなく、送料を抑えることによって手元に入ってくるお金を増やすことができれば、同じ金額だけ高く売れたことと同じ計算になります。

合わせて、梱包・配送をスムーズに行うことができれば時給換算を高めることができます。

私は月20件以上メルカリで配送を行いますが、初めたばかりの頃は配送方法で何回も損をしてきました。

商品を100円高く売ることができても、配送方法を1つ間違えると簡単に200円以上損してしまいます。

メルカリをこれから積極的に行いたい方、メルカリせどりを始めたい方は是非参考にしてください。

必ず役に立つと思います。

作者の紹介

作者:ゴー
経歴:2019年12月、メルカリをスタート。
  メルカリの取引を月20件以上継続し、
  100連続「良い」評価を獲得。
  メルカリ初心者向けの記事を書いてい
  ます。

 

メルカリの発送方法

 

メルカリではお得な発送方法が2つあり、ほとんどの方がこのサービスを利用し発送しています。

みんなが使うサービスは2つ

①ゆうゆうメルカリ便「日本郵便」
ゆうゆうメルカリ便

②らくらくメルカリ便「ヤマト運輸
らくらくメルカリ便

その理由としては、費用が安く・匿名で配送でき・ほぼすべての商品をこの2つのサービスで配送できるからです。

ジャンルで分けると3つです。

サイズ毎に3種類

小サイズ ゆうパケット ネコポス

中サイズ ゆうパケットプラス 宅急便コンパクト

大サイズ ゆうパック 宅急便

今回紹介させていただく封筒測り定規は小サイズの商品に利用でき、測定メジャーは大サイズの「ゆうパック」と「宅急便」に役立ちます。

 

封筒測り定規

 

最初に小サイズの配送に役立つ封筒測り定規から紹介します。

このアイテムはほんとうに価値のあるアイテムでメルカリを積極的に活用していきたい方のお役に必ず立てると思います。

 
見た目は店舗により異なりますが、どの100円ショップでも購入可能です。

私の定規は「can do」で購入しました。

上から3種類の穴がありたかさはそれぞれこの通りです。

 

外観

このサイズがとても重要で、30mmはゆうパケットの規定サイズ、25mmはネコポスの規定サイズです。

ゆうパケットとネコポスはそれぞれ送料が最も安い配送方法ですが、その分サイズがとても厳しいことでも有名です。

郵便局で受付となる「ゆうパケット」は、配送時に同じようなアイテムを使ったサイズの検査があるので特に注意が必要です。

自宅で梱包をした時、「封筒測り定規」があればセルフチェックを行うことができ、何度でもやり直しすることがあできます。

では、規定サイズを超えてしまったらどうなるのでしょうか?
 

サイズを超えてしまった場合

 
3cmを超えて受付拒否されてしまった場合は3通りの選択肢が残されます。

対応は3つ

・定形外郵便などの通常サービス

・宅急便コンパクト・ゆうパケットプラスに変更

・梱包やり直し

なぜここまでサイズに厳しいかというと、ゆうパケットとネコポスは対面受け取りでないことが理由です。

それぞれポストに投函となるので、規定以上の厚さとなればポストに投函することができません。

もし、受付拒否されてしまった場合は、3つの理由から、定形外郵便での配送はしないことを推奨いたします。

・当初の配送方法と異なる。

・発送者のあなたが匿名でなくなってしまう。

・配送状況の確認ができない。

その為、梱包のやり直しかサイズアップして発送となることが多いです。

サイズアップの場合

ネコポス195円→宅急便コンパクト 箱込み450円

ゆうパケット175円→ゆうパケットプラス 箱込み445円

梱包やり直しの場合は時間の無駄が生まれ、200円しなかった配送料が中サイズの場合は箱代込みで約450円かかります。

この事態を防ぐためにも、100円ショップで「封筒測り定規」を買うことをお勧めします。

確実に100円以上の価値のあるアイテムです。

封筒測り定規のメリット

・自宅で梱包やり直しができる
・結果として、荷物のやり直しが起きないので時間とお金の損がなくなる。

 

測定メジャー

 

測定メジャーは大サイズの時に有効です。

大サイズは箱サイズ10センチ毎に配送方法が100円~200円変動します。

サイズごとの配送料

・らくらくメルカリ便
らくらくメルカリ便
ヤマト運輸HPより引用

・ゆうゆうメルカリ便
ゆうゆうメルカリ便
日本郵便HPより引用

100円商品を高く売ることができても一瞬で水の泡になります。

60サイズの商品を80サイズで送っている方はほんとうに多く、非常にもったいないです。

売るときは少しでも高く売ろうとするのに、発送方法になると甘くなる気持ちは私も経験しています。

※60サイズで送れる荷物の場合は中サイズの宅急便コンパクト・ゆうパケットプラスでの配送が可能か合わせて確認するようにしましょう。
 

外観

 
皆さんご存じの普通のメジャーです。

測定部のメジャーはプラスチック製の柔らかいものと金属チックな硬いものどちらでも可です。

 

使用方法

 

商品を発送する箱に入れたら、まずはメジャーを使って長さを計測します。

60サイズ・80サイズなどの計算はメジャーがあれば簡単に行うことができます。

計算は3辺の和

タテ+ヨコ+高さ=箱サイズ

箱の形は様々なので、すべての箱が60センチや80センチピッタリに作られているわけではありません。

測定して、発送前に配送にかかる費用を事前に把握できるようにしましょう。
 

サイズが数センチ超えていた場合

 
大サイズのアイテムについては、料金が上がります。

ゆうパックについては100サイズを超えてしまった場合は配送不可となります。

対処方法としては3つです。

あと少しでサイズを下げられるとき

・段ボールをカットする
・段ボールを変更する
・手間をかけるのが嫌な場合はそのまま配送する

 

段ボールカット

 
商品に対して箱サイズが大きく送料を下げられそうな場合、私は積極的に活用します。

この段ボールは110cmの段ボールで送料は120サイズで計算されます。

しかし、高さが10cm以上余っているので、カットすることにより100サイズ以下に収まり100円送料を抑えることができます。

作業には5分もかからないので、手間を惜しまずに行います。

商品の寸法にそってカッターで線を引き、カッターで切ります。

そうするとこのようにピッタリと収めることができますよ。

最後には丁寧にガムテープで梱包しましょう。

※商品が箱サイズピッタリの場合は購入者の方がカッターを入れると商品が傷つくことがあります。

発送時に「カッター気を付けてください」と伝えるだけであなたの印象は変わるはずです。

是非、測定メジャーでの段ボールカットを行ってみてください。
 

まとめ

 
今回はメルカリの必須アイテムということで、「封筒測り定規」と「測定メジャー」の2つを紹介させていただきました。

どちらも100円ショップで購入することができるアイテムとなっており、発送前にサイズの確認ができるので、発送の役に必ず立つことができます。

特にネコポスの2.5cmとゆうパケットの3.0cmはサイズが厳しいので封筒測り定規があることによって安心して配送することができるのです。

メルカリで少しでも高く商品を販売することはとても大切ですが、常にお得な配送方法で発送し続けることができればさらに手元のお金を増やすことができます。

継続的にメルカリに取り組んでいきたい方は是非100円ショップまで足を運んでみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です