家計改善

【先取貯金】苦手なあなたもきっとできる!夢の貯金を叶えるために意識すべきこと5選。

こんにちは。ゴーです。

これまで全く貯金ができてなかった私ですが、「バビロン大富豪の教え」を読んでから貯金をしようと決意をしました。

それから早4ヵ月経ち、今では貯金が習慣化し貯金体質になることができました。

5ヵ月目となる今月も達成できる見通しがすでに立っています。

私が貯金を習慣化するためにお給料の使い方に1つだけ変化を加えました。

それが、「先取貯金」です。

そして、月々の支出の見直しを行い、月末に口座から先取貯金をしたお金を引き出すことがないように工夫しました。

今回は、失敗しない先取貯金の始め方を5つの順序に分けて解説します。

貯金はしたいけど中々うまくいかない方、まだ先取貯金をはじめたことが無い方はぜひ検討してみてください。

 

1 なぜ貯金するのか目標と目的を明確にする

自分に素直になって、ゆっくり考えてみましょう。

・貯金は最終的にいくら貯めたいですか?
・その金額はいつまでに貯めたいですか?
・その貯金は何のためにするのですか?

 

この3点が貯金をする理由となり、貯金をするための目標です。

何のためにというのが、貯金の目的になります。

ただ「貯金をしたい」と漠然と思っていても、中々貯金が貯まらない方は多いのではないでしょうか。

しかし、明確な目標と実行したい気持ちがあれば、貯金ができるようになる確率は高まるものです。

一方で、目標が無ければ私たちは毎日をもったいなく過ごしてしまします。

まずは貯金をしたい目標と目的を明確にしましょう。

私の目標と目的

・生活防衛金60万円を貯金したい (いくら)
・2020年度末に達成したい (いつまでに)
・2021年度から投資を始めるのために (なんのために)

目的は「○○を買いたい」・「旅行したい」など、どんな理由でもOKです。

この後のステップ2~4で、どんどん目標と目的を計画化し、具体的なものにしていきます。

 

2 どうやったら達成できますか?

 

目標に対して計画を作っていきましょう。

具体的には、あなたの収入から達成に向けての具体的な金額を考えていきましょう。

会社勤めの方はお給料から考えていきましょう。

貯金成功の為のワンポイントとしては、残業代や特別な手当など変動する収入は予備費として含めないことです。

含める際には「確実にもらうことができる金額」にとどめましょう。

収入は少なく見積もる、支出は多めに計算することで、蓋を開ければ余裕のある状態を作ることができます。

私の場合、月々の貯金額は毎月の固定給の10分の1に設定し、金額は月17,000円にしました。

そして、ボーナスを受け取った際、2020年3月までに不足する金額を一気に貯金することにしました。

当時、具体的にはこのようになりました。

2021年3月までの貯金計画

頭金      20,000円
お給料16ヶ月  272,000円
(17,000×16ヵ月)
賞与2回   308,000円 
       計600,000円

このような形で収入に対して貯金額を考えていきましょう。

より具体的になり、達成できるかできないかが見えてきます。

 

3 月々の支出を見直す

 

あなたの月々の貯金額は余裕がありますか?

それとも、カツカツな貯金計画になっていますでしょうか?

先取貯金は、「設定額を手取りから引きます。」

そして、そのお金を月の途中で引き出したら先取貯金の意味がありません。

より余裕を持った貯金ができるようになるために、カツカツな収支から少しでも余裕を持った収支にできるように、支出の見直しを始めていきましょう。

支出の見直しができれば、先取貯金の成功確率はグンと高まります。

今回は生活の中の「贅沢や無駄使い」を減らすことに着目しました。

私が減らした支出

①お仕事のランチ→お弁当持参または購入

②朝時間が無いときのコンビニ朝食→お家朝食

③自動販売機・コンビニ→会社は白湯でOK

④美容院→楽天ビューティー対応店に変更

⑤電気代→楽天でんきに変更

 

1ヶ月続けた結果。

抑えられた金額

①ランチ代        -4,000円

②コンビニ朝食      -1,500円

③自動販売機・コンビニ  -2,000円

④美容院         -4,000円

⑤電気          -3,500円

合計          -15,000円

毎月約15,000円の節約に成功しました。

ランチ・コンビニ・自動販売機の3つは自分の行動を少し変えることにより誰でも改善ができます。

改善をするために、改善を継続するために大切なのが、一番最初に決めた目標と目的です。

美容院・電気代については、楽天経済圏で生活をして楽天ポイントで支払うようにしました。

少しの努力の積み重ねで、大きな支出の削減につながります。

毎月の貯金目標17,000円に対して15,000円の節約に成功しています。

まだ足りていませんが、そのほかの細かいところで意識して節約するようにしています。

支出を見直し月々の貯金額が安定して達成できるようになれば、あとは目標達成に向けて努力するのみです。

 

4 月々の予算の達成が難しいとき

計画してみたものの無理がある、やってみたものの貯金目標には届かない。

そんな時の解決策は3つです。

・月々の貯金額を減らす
・達成までの期間を延長する
・ボーナスで補う

月々の貯金額を減らす

私は本来2020年12月での達成を目指していました。

しかし、計画していく中で毎月の貯金額が多すぎると感じたため、月々の貯金額を3000円減らしました

1日にして100円ですが、大切な妥協です。

達成までの期間を延長する

先ほど減らした3000円はその分期間を延ばすことにしました。

2020年12月達成予定から2021年3月です。

本来の生活を我慢しすぎる状態だと、貯金は中々続けることができません。

無理せずに亀の歩みで達成できるプランまで金額や期間のハードルを下げることが大切です。

ボーナスで補う

私は月々の貯金は17,000円ですが、ボーナスは2回で154,000円ずつ計308,000円貯金します。

これによって、最終的に60万円の貯金を目指しています。

ボーナスを貯金に回す際は、貯金・贅沢・必用な買い物など、あらかじめ使い道を決めるのがよいです。

 

最後は計画を達成しよう

ここまでできればあなたのプランはかなり現実的なものになっているはずです。

あとは達成するあなたの決意と意思の強さ・努力です。

一番最初に決めた、貯金の目標と計画を忘れないようにしましょう。

トイレの壁に貼り付けてください。(冗談)

1ヵ月ごとの積み重ねが、あなたの将来や未来をきっと変えてくれます。

私自身も変わることができると信じています。

5つの手順

1 なぜ貯金するのか目標と目的を明確にする
→いつまでに、いくら・なんのために

2 どうやったら達成できるか計画する
→収入に対して毎月いくら貯金するかを決める

3 月々の支出を見直す
→固定費やルーティン出費が節約効果が高い

4 月々の予算の達成が難しいとき
→期間の延長・金額の見直しをしましょう
達成できるプランが継続のコツ

5 最後は計画を達成しよう
→あなたの決意と意志の強さが大切です。

最後になりますが、何か計画を左右する事態が起きた時には柔軟に対応することが大切です。

転職・引っ越し・病気・人間関係の変化ですね。

甘えの妥協はよくないですが、大切なのは、「あなたがその時一番大切にしているのものは何か?」です。

時として自分の計画より大切なこともあると思います。

繰り返しとなりますが、そんな時は柔軟にです。

私も貯金計画が達成できるように2021年3月まで頑張ります。

読んでくださった方も一緒に頑張りましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です